生まれ年(干支)と生まれ月で性格・運勢・相性がわかるので、自分の性格の長所や短所を知り、運勢の良化と人間関係を円滑化しよう

Menu ▼
生まれ年 特   徴
子(ねずみ) なんでもかじる器用な人
丑(うし) 信じる道をひたすら進む頑固者
寅(とら) 信念で動くがワンマンな人
卯(うさぎ) 身ぎれいなムード派タイプ
辰(たつ) 虚構の世界で成功する
巳(へび) 素質に恵まれ貪欲な向上心
午(うま) 太陽のような明るさの持ち主
未(ひつじ) 女性的であっても芯が強い
申(さる) 才智に長けた頭のよさがある
酉(とり) おしゃれで頭の回転が早い
戌(いぬ) 忠誠心が強く裏切らない
亥(いのしし) わが道を進む直情径行タイプ
子(ねずみ)
丑(うし)
寅(とら)
卯(うさぎ)
辰(たつ)
巳(へび)
午(うま)
未(ひつじ)
申(さる)
酉(とり)
戌(いぬ)
亥(いのしし)

人間は、天体の循環法則に支配されている


★ 「天の恵み、地の栄え」という言葉があります。


太陽の暖かい恵みによって、大地に棲息するものが、すべて豊かな恵みと育みを受け、悠久の天と肥沃な大地のなかで、人間は深く根を下ろした生活をしています。そして、この世界の終わるまで、尽きることのない天体の運行とともに、人間は、生き続けていくでしょう。

天体の運行というのは、いわゆる周期と循環です。

あなたは、天地の間を流れる「時」が、万物にどれほど大きな影響を与えているか、お考えになったことはあるでしょうか。

よく、「今年は柿が甘かった」などと言います。そういう年は光線が強く、わりあいに日照りがちの年だと思われます。また、台風の当たり年の果実は、傷だらけで味もぐっと落ちるでしょう。梅の花は2月に咲きます。5月や6月に咲くものではありません。

これは、植物の一例に過ぎませんが、めぐり巡ってくる「時」が、いかに大切であるかがわかるでしょう。



★ 私たち人間も例外ではありません。私たちの命が母の胎内に宿ったときから、「時」の循環に動かされているのです。

宿命とは、魂が、実体のあるものに宿った、ということなのです。生命という厳しい現実を、循環という「時」が育んでいくのです。

ところで、昔、まだ暦というものがなかった頃は、木などに毎日、印をつけていました。また、種を蒔くときも、夜空の星を眺めて、その星座の場所によって播種の時期を部落のシャーマン(占い師)が、人々に教えていました。

★ このような積み重ねが、暦という便利なものを発明したのです。その暦には、世界各地でいろいろな違いがありますが、古代中国では、暦に何千年も前から十干と十二支という二組の記号を用いています。

十干・・甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)

十二支・・子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)

上記の二組を順次、甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)、丙寅(ひのえとら)、丁卯(ひのとう)、戊辰(つちのえたつ)、己巳(つちのとみ)、庚午(かのえうま)、辛未(かのとひつじ)、壬申(みずのえさる)、癸酉(みずのととり)、甲戌(きのえいぬ)、乙亥(きのとい)、丙子(ひのえね)・・・と組み合わせて作られました。

この順でいきますと、60年で一巡し、61年目にふたたび甲子となります。
今でも還暦というお祝いがありますが、暦がもとに還ることです。
ちなみに甲子園球場は、大正13年(1924)の甲子の年に完成したことから、名付けられています。

★ 中国では、この干と支の記号が年月日、時刻をはかるひとつの目安として、長く用いられてきました。ところが、その暦の記号が、しだいに占いに使われるようになったのです。

長い間、戦争、豊作、凶作、天変地異などが起こった時期を調べているうちに、それらのことが、ある周期ごとに繰り返されているのを発見していったのです。そして人間もまた、生まれ年によって、いろいろな性格と定められた運命を持っていることが緻密な統計によって明らかになってきました。

この法則が体系化されたものが、「四柱推命学」です。それがあまりに複雑多岐にわたるために、単純に十二支だけをとって、簡単に推理できるようにしたのが、「十二支」です。そしてさらに後世になってから、なんとなく身近な動物をあてはめて、ようやく現在のような、十二支占いの形になったようです。







生まれ年 特   徴
子(ねずみ) なんでもかじる器用な人
丑(うし) 信じる道をひたすら進む頑固者
寅(とら) 信念で動くがワンマンな人
卯(うさぎ) 身ぎれいなムード派タイプ
辰(たつ) 虚構の世界で成功する
巳(へび) 素質に恵まれ貪欲な向上心
午(うま) 太陽のような明るさの持ち主
未(ひつじ) 女性的であっても芯が強い
申(さる) 才智に長けた頭のよさがある
酉(とり) おしゃれで頭の回転が早い
戌(いぬ) 忠誠心が強く裏切らない
亥(いのしし) わが道を進む直情径行タイプ


子どもの立派な育て方・しつけ方
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方



Copyright (C)2015. 生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い All rights reserved.