生まれ年(干支)と生まれ月で性格・運勢・相性がわかるので、自分の性格の長所や短所を知り、運勢の良化と人間関係を円滑化しよう

Menu ▼
生まれ年 特   徴
子(ねずみ) なんでもかじる器用な人
丑(うし) 信じる道をひたすら進む頑固者
寅(とら) 信念で動くがワンマンな人
卯(うさぎ) 身ぎれいなムード派タイプ
辰(たつ) 虚構の世界で成功する
巳(へび) 素質に恵まれ貪欲な向上心
午(うま) 太陽のような明るさの持ち主
未(ひつじ) 女性的であっても芯が強い
申(さる) 才智に長けた頭のよさがある
酉(とり) おしゃれで頭の回転が早い
戌(いぬ) 忠誠心が強く裏切らない
亥(いのしし) わが道を進む直情径行タイプ
子(ねずみ)
丑(うし)
寅(とら)
卯(うさぎ)
辰(たつ)
巳(へび)
午(うま)
未(ひつじ)
申(さる)
酉(とり)
戌(いぬ)
亥(いのしし)

ここで占うための留意事項


★ ここでは、ちょっと注意しておきたい点があります。


たとえば、2017年生まれの人は、すべて「とり年」としてありますが、実際には、2017年2月の立春(毎年4日前後)から2018年2月の節分までが「とり年」であります。

ですから、2018年1月生まれの人は、一般的には「いぬ年」といわれますが、ここで占うときには、「とり年」として占いますので、ご留意ください。

そして、あなたの運勢の良し悪しに関わってくるのは、あなたを取り巻いている友人、隣人、同僚、上役などとの人間関係でありますので、付き合っている相手をよく観察することを怠ってはいけません。

相手がたとえ親友であろうとも、長所欠点を知っていれば、失敗の巻き添えにあわずにすむでしょう。

★ ですが、一番大切なことは、自分自身を知ることではないでしょうか。

易占いとは違い、十二支はどちらかといえば、宿命論的な色彩が強いものです。それだけに、自分を知るには都合がいいはずです。

しかし、たんに、良い、悪いということを言い当ててよしとするものではありません。自分のうちに宿っている宿命を、的確に知ることによって、悪い宿命ならば、それをどう有利な方向に導き、好運に転化させるかを考えるためのものです。

また、良い宿命ならば、それを助長し、継続させるか、その方法を知るのが、十二支のほんとうの目的なのです。そのような精神が貫かれていたからこそ、長い年月に耐えて、今日まで、語り継がれ、言い伝えられてきたのでしょう。

「己を知れば、百戦また危うからず」という古い格言があります。
日々めまぐるしく変化する、この複雑怪奇な高度文明の社会の中で暮らしていかなければならない私たちこそ、この格言を何よりもの有益な教訓とする必要があるのではないでしょうか。







生まれ年 特   徴
子(ねずみ) なんでもかじる器用な人
丑(うし) 信じる道をひたすら進む頑固者
寅(とら) 信念で動くがワンマンな人
卯(うさぎ) 身ぎれいなムード派タイプ
辰(たつ) 虚構の世界で成功する
巳(へび) 素質に恵まれ貪欲な向上心
午(うま) 太陽のような明るさの持ち主
未(ひつじ) 女性的であっても芯が強い
申(さる) 才智に長けた頭のよさがある
酉(とり) おしゃれで頭の回転が早い
戌(いぬ) 忠誠心が強く裏切らない
亥(いのしし) わが道を進む直情径行タイプ




九星気学による性格・運勢・相性占い
子どもの立派な育て方・しつけ方
男と女の言葉、行動、考え方の違いを教えて?
男心がわかる恋愛心理講座
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
一瞬で見抜く性格・本性・心理
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相はあなたの心を映す鏡



Copyright (C)2015. 生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い All rights reserved.